1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世の石段をうさぎ跳び。《愛宕神社》

2011-01-02 (Sun) 16:00[ 編集 ]
元日、毎年恒例の初詣。

出世の石段をうさぎ跳び。1

ドライブ大好きなラルフは朝からルンルン。
初めての長距離なお出かけにエスプリもワクワク。

出世の石段をうさぎ跳び。2

途中、東京スカイツリーがきれいに見える橋の上で偶然にも信号待ち。
だいぶ高くなってるねー。


さて、到着しましたよ。

出世の石段をうさぎ跳び。3

パパとママが10年以上通っている愛宕神社。
この出世の階段を一気にのぼるのが恒例行事。
でも、最近「一気に」あがれなくなっちゃった。
昔は若かったなぁ。



~この石段が「出世の石段」と呼ばれる由来~
「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなみます。
時は寛永11年、パパンパン(ってこれ、講談の張扇です)。
江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。
折しも春、愛宕山には源平の梅が咲き誇っておりました。
家光公は、その梅を目にされ、
「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」
と命ぜられました。
しかし、この愛宕山の石段はとても急勾配です。まあ、一度いらしゃってみて下さい。歩いてのぼり降りをするのだに、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落とします。せっかく江戸の平和の世に、こんなことで命を落としてはたまりません。
家臣たちは、みな一様に下を向いております。
家光公は、みるみる機嫌が悪くなってきます。
もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。
家光公。その者の顔に見覚えがありません。
「あの者は誰だ」
近習の臣に知る者はありません。
「おそれながら」
「おう」
「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」
「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」
平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。
この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼び、毎日多くの方が、この男坂の出世の石段を登って神社にお参りにみえております。
(愛宕神社HPより)



キムタクが全力坂のスペシャルで駆け上がったこともあるから
知っている人も多いかな。

昨日、電撃結婚を発表した浜崎あゆみさんも、
毎年ここでお参りしているようで、
大きな蘭の鉢植えが3つ奉納されていました。
もしかしたら、ダンナ様と一緒に来たのかなぁ。

さて、そんな石段を軽々とのぼるスゴい奴らを発見!
しかもそれはチワワンズ。
何を隠そう、ウチの息子たちですよ。

出世の石段をうさぎ跳び。4

干支にちなんでウサギのようにピョンピョンと跳ねてのぼります。
途中で私を待つ気遣いもできる親孝行なラルフ。

去年はムービー撮影に失敗したけど、今年は成功。
ステキな音楽に乗せて、どうぞ。



無事、石段をのぼって新年祈願の受付。
2人ともおとなしく待てたね。

出世の石段をうさぎ跳び。5

来週のラルフの手術成功とその後の健康も
しっかりお祈りしてきました。

神主さんもラルフのことを覚えていてくれて、
「ご家族が増えられたようで」とお声をかけて下さいました。

出世の石段をうさぎ跳び。6

こうして、毎年の恒例行事は無事終了。

え?だるまおみくじの結果?
ウ~ン。去年はパパが惨敗だったけど、
今年はですねー。

パパ 大吉
ママ 小吉
ラルフ 末吉
エスプリ 大吉

こんな結果となしました。ざんねーん。

さて、このあとパパの実家へ~
次回アップします。


今日もポチッとありがとう!
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

☆☆前回までのコメントのお返事は、右側のコメント欄からどうぞ☆☆

ツイッターも、やってるよ。
Please follow us!
nozのつぶやき noz2005
ラルフ&エスプリのつぶやき ralprit

フォローしてくださった方々。
ありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ブログにきてくださってありがとうございました~♪
はじめまして~!
これからよろしくお願いしますね~☆

ラルフくん、階段上がりながら舌ハァハァしてる!
チワワくんなのに寒いの大丈夫な子なんですか~?!
うちは何重に着せてもず~っとブルブルしてます。汗
うちも今日初詣行ってきました~!
パパママさんにラルフ君エスプリ君にとって素晴らしい一年になりますように!!

すごい。

お見事、階段登り。

おみくじもまずまずでしたね♪
…ちなみに私、初めての「凶」。
nozさん一家に幸あれーー。

nozさん、ラルフくん&エスプリくん♪
明けましておめでとうございます~☆
体調の方、回復されたようで良かったです(*^_^*)
今年もぜひぜひ、仲良くして下さいね♪

初日の出の写真、と~ってもキレイ(#^.^#)
今年“も”起きられなくて見ることが出来なかったから
素敵な初日の出を見せていただいて
HAPPY☆な気持ちになれました(^^♪
イイコトありそう♪

初詣、イイですね~♪
出世の石段の由来のお話も、真剣に読んでしまいました☆
今度、この神社にも行ってみたいなぁ(^.^)
ラルフくん&エスプリくん、こんなに急な石段なのに
楽しそうにのぼっていてスゴイ!!
体力作りになりそうですね♪

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

愛宕神社の階段を上がるの大変そう(^_^;)

nozさん一家の初詣、ラルフ君もエスプリ君もとても楽しそうでいい感じです。

今年も楽しく読ませて頂きますね☆

まずはラルフ君の手術成功を私も祈ってます。

がんばって登りましたね!
思わず、『がんばれ~』って動画に
叫んじゃいました!

こんなに立派な神社があることを知りませんでした。
参考になりました(^^)
わんちゃん用のお守りもあるなんてありがたいですね。
御利益がありそうです♪

明けましておめでとうごまいます。
今年もよろしくお願いいたします(o'∀'人)

すっごい階段ですね!!
人生の階段も登るのはキツイものがありますからね!
なんだかご利益ありそうですね~☆
私も初詣、大吉でした。
しかもその神社!前々回から大凶・小吉・そして今年大吉だったんで・・かなり嬉しかったんです。
だって大凶の年はほんとに大凶に相応しい年でしたから。
今年はきっといい年になるぞ!
nozさんとも今年はもっと仲良くなれたらいいな!
いい年でありますように!!

nozさん、明けましておめでとうございます。
勢いよく階段を駆け上って行く様子は、実に縁起がいいですねぇ♪♪

ラルフくん、手術を控えてるんですね。
大丈夫、ちゃんと祈願したんだもんね。頑張ってね!!

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

明けましておめでとうございます
今年もヨロシクお願いします。

ラルフ君もエスプリ君も、元気いっぱいですね。うちの犬もお正月は雪と戯れてました。

コメントありがとうございます!

ちーとまる子さんへ♪
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!
ラルフは散歩中は寒さを感じないようです。
家では寒がりなんですけどね~
エスプリは、まだまだブルブルッ子です。

せつこさんへ♪
「凶」なんて気にしなーい!
次はよいクジに当たるはず!
ポジティブに行こう~

りんごママ☆さんへ♪
あけましておめでとうございます!
おかげさまで、すっかり良くなりました。
この石段、迫力ですよー
私も楽しくのぼりたいわ。
もうね、ハァハァ大変だから(汗)

銀の世界さんへ♪
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします♪
毎年、こうして同じところへ通えるのも
幸せのひとつだなって実感です。

ずん太ママさんへ♪
お。応援の声が聞こえてきました!(笑)
このお守り、かわいいでしょ~
お散歩してると、よく「いいですね」って声をかけられます。
鈴も付いてるから、ちょこまかするエスプリにはピッタリです!

星空月子さんへ♪
あけましておめでとうございます!
今年もますますよろしくお願いします♪
わー、おみくじ良かったですねー。
去年の反動で、今年は思いっきり良い年になりますよー
こちらこそ、どうぞ仲良くしてくださいませ~

こむぎんさんへ♪
あけましておめでとうございます!
いつもブログ拝見していますよー
小麦ちゃんのストラバイト、早く良くなるといいですね。
ラルフも去年、治療食ですぐに完治しましたから、
小麦ちゃんも大丈夫ですよ!
励ましのお言葉もありがとうです。

ネガさんへ♪
あけましておめでとうございます。
ネガさんちのワンちゃんは、いつも元気ですね。
そちらは雪が積もっているの?
寒そうだなぁ。
ご自愛くださいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ralph2005.blog39.fc2.com/tb.php/581-735774e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。