1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンドック検査結果。

2010-11-19 (Fri) 07:30[ 編集 ]
昨日はラルフがワンドックを受けました。

ワンドック検査結果。1


朝の9時から夕方の5時まで預けて
隅から隅まで診てもらいました。

お迎えに行ったとき、先生からは、
全部いい子に受診してくれて、とても助かりました。
褒めてあげて下さい。と言われました。

ホントにラルフは自慢の息子です。

ラルフにとって長い一日。
結果報告もかなり長くなるので、
追記部分に載せることにします。
もしお時間があれば、読んであげて下さい。



モリモリ食べて、ビュンビュン走るラルフでも、
健康状態に100点満点はもらえませんでした。
ラルフの健康にポチッとプリーズ。

にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

*コメレス、もう少し待って下さいね。

まず、今日のワンドックの内容です。



【検査内容】
〈一般身体検査〉
視診、触診、聴診、体温測定、体重測定、姿勢、歩様の
異常がないかを調べる。

〈血液検査〉
貧血、脱水、内蔵疾患の有無や脂質代謝異常がないかを調べる。
血液学検査(赤血球、白血球、血小板の状態)、血液生化学検査

〈尿検査〉
pH、比重、色調、潜血、蛋白などを調べる。
また、泌尿器の炎症、感染、障害の有無を調べる。
試験紙検査、顕微鏡検査

〈糞便検査〉
寄生虫の有無や腸内細菌の状態を調べる。

〈レントゲン検査(胸部、腹部)〉

〈超音波検査〉
レントゲンでは確認しにくい心臓や
腹部臓器の内部の形態について調べる。

〈眼圧測定、眼底検査〉
緑内障、角膜の状態などを調べる。

*オプション検査
〈心臓音超音波検査〉
心臓音に雑音が認められた場合。


これだけの検査をラルフはがんばって受けてくれた。
エラい。

さて、気になる結果なのですが、
健康優良犬のお墨付きは頂けませんでした。

ワンドック検査結果。2


今日先生から聞いた話の覚え書きもかねて、
なるべく詳細に書きます。
正式な結果報告は後日いただけるので、
専門的な用語は使わず、自分の覚えている範囲で説明するね。

まず3カ所、注意すべき部分が見つかりました。

①心臓

ラルフを預ける前に、簡単な身体検査をしました。
そのとき、いつもは聞こえない心臓に雑音が聞こえました。

ドクン、ドクン。の間に、シュッという音がするそうです。
そこで、オプションの心臓音超音波検査を受けました。

そこでわかったのは、ラルフの心臓の弁に異常があったことです。
弁は本来、先が尖っていてキュッとしまるようになっていますが、
ラルフの弁は、すこし先が丸まっているそうです。

そのため、弁の締まりが弱く、微量の血液が逆流しています。
この逆流がシュッという音の犯人です。

レントゲンで見る限り、心臓全体の形状や大きさに異常はありません。
現時点で、心臓の動きに全く問題はないそうです。

ただ、その逆流が起きていることによって、
脳が「心臓もっと頑張れ」という信号を送ってしまい、
逆に心臓に負担をかけてしまい、
それが原因で、心不全を引き起こしたりするそうです。

そこで、その信号を抑える薬を飲み始めることにしました。
その薬は、副作用はほとんど見られないとのこと。
普通に呑む量の半分からスタートし、しばらくは様子見です。

だた、弁の形が変わる訳ではないし、逆流がなくなる訳でもない。
悪化を最小限にすることしか、してあげられません。

②気管
気管は粘膜と軟骨でできています。
ラルフの気管は、内部がただれていました。
本来ならピンと張っていないといけません。
このまま、ただれた状態が悪化すると、気管がふさがってしまいます。

これは、現段階では処置のしようがないとのこと。
あまりに悪化すれば、その部分に何かを埋め込んで
気管を正常な形状に戻すこともできるそうですが、
大きな手術になりそうです。

今注意することは、カラーではなくハーネスで散歩すること。
なるべく首に負担をかけないことです。

③オシッコの結晶
エコー写真の中の膀胱内部に細かい粒がちらほら写っていました。
以前、シーツがキラキラ光っているように見えたことがありました。
そのとき、すぐに気づいてあげれば良かった。

このまま放置すれば、結石となって、尿道が詰まってしまう恐れがあります。
これは先生オススメのドックフードに切り替えることで、
改善が見られそうだったので、さっそく購入してきました。

早速、夕飯にいつものフードにまぜてあげたら、
ペロッと完食していたので、嫌いな味じゃないようです。

ワンドック検査結果。3


この3つが、大きな問題点でした。

それ以外に、血液検査の数値が基準値を下回っていたものがあります。
貧血気味、カルシウム不足のようでした。


あんなに元気なラルフなのに、こんなに異常が見つかるなんて。
とてもショックでした。

でも、先生がこうアドバイスしてくれました。
すべて初期の段階で見つかったので、ラッキーだった。
あまり気にしすぎずに、普段通りの生活をしてあげて欲しい。

先生の言う通りだと思う。
検査を受けてみて、本当に良かった。
このまま何も気づかずに、元気だから大丈夫と安心しながら、
身体の中では病が進行していくなんて、恐ろしすぎる。

ワンドック検査結果。4

実は今回、ワンドックをうけるきっかけとなったのは、
ラルフの去勢について真剣に考え始めたからなのです。
先日のワクチン接種の際に、先生と相談して、
前から気になっていたワンドックを受けることにしました。

さすがに、長くなりすぎるので、この話は次回に。。。

かなり普段のテンションと違う「ラルフのシッポ」でしたが、
最後まで読んでくれてありがとうございました。




できることなら代わってあげたい。

にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ラルたん、1日ワンドックお疲れ様でした。
おりこうさんで頑張ったね!

健康優良犬のお墨付きがもらえるに違いない。

私もそう思っていたのに、小さいながらも
いくつかの問題点があったのは驚きです。
nozさんのショックも自分のことのように
よくわかります。

けれど、裏をかえせば、今後の生活の中で
気をつける点というのがわかったことは、
とてもよかったことだと思います。
幸い、すべてがごく初期段階だしね。

うちも多分、食道憩室とつきあっていくわけで、
将来的な不安もほんの少しあるけれど、
より長く、より楽しい時間を彼が過ごせるよう
見守っていかなくちゃと思っています。

一緒に頑張りましょー!!!

頑張りましたね。

ラルフくんよく頑張りましたね。えらい!
気を付けることも早い段階で分かって何よりです。
我家もアズは既に「個体として弱い」と言われているので
色々気が気ではありませんが、
気を付けつつもアズが楽しく幸せに暮らしていけることが
大事なのだと思っています。

「大丈夫ですよ」とは無責任に言えませんが
皆さんの家族みんなでずっと一緒にいたいという気持ちが
きっときっといい方向へとつながると思います。

ラルフ君、一先ずお疲れ様!
結果は・・・健康優良児のお墨付きをいただけずかぁ。
だけど先生も仰っているように初期段階での発見はとてもよかったことだと思います。
これからいかに悪化を防げるか。ストラバイトに関してはフードでどれだけ改善できるか。
などなどをラルフ君のためにも頑張ってあげてください。

北斗は明日は予約が取れず23日になりました。
北斗も今から私がドキドキだけど頑張ってもらってきます。
ラルフ君みたいに良い子に出来る子じゃないから大げさに泣き喚いたり落ち込んだりしちゃいそうだけどね^^;
大きな病気が見つかった時のショックはとてもよくわかります。
私も何度となく経験しています。
原因が早くわかったこと。それは何よりもよかったことです☆
ラルフ君もnozさんも今後大変かもしれないけど頑張ってください。

ワンドッグの大切さが私も身にしみました。
ラルフくんすごく健康そうだし、元気モリモリにみえますもん!
でも、どれも初期で発見できて良かったですね。
人間もそうですが歳をとってくると完璧なのは無理がありますもんね。対処できると少し落ち着きます。
去勢できるようなら早い方がいいかもしれませんね。
心臓に負担かけちゃいけないとなると、歳をとればとるほど手術が怖いですもんね。
ラルフくん長い検査ご苦労様です。
これからもずっと元気でいてね☆

おつかれさま♪

ラルたん検査お疲れ様でした(∩.∩)
先生を困らせる事なくたくさんの検査を受けられたなんて、さすがラルたん!!
寂しかっただろうに‥怖かっただろうに‥。
(・_・、)


《ワンドック》があるなんて初めて知りました。
ありがたい事だよね。そのお陰で早いうちに発見できたんだもんね♪
心配は尽きないと思うけどラルママも笑顔でね☆

これからもnozさん一家の幸せ風景楽しみにしてます(*^-^*)

お疲れさまでした!
モリモリ食べて、ビュンビュン走るラルフくんでも
お墨付きがもらえなかったんですね…。
じゃぁ、うちのぐうたらシニアたちはどぅなるんでしょう…。
ラルフくんの心配と同時に、
自分とこのワンズの心配しちゃってごめんなさい(>_<)
nozさんの行動(ワンドッグ)見て、
私も飼い主としての責任考え直さないとな!

はじめまして♪
ランキングから来ました。
とってもカワイイ!!
そしてとっても参考になりました。

思わずコメです♪
ポチッ
でわでわ~♪

nozさん、落ち込まないでね~!!!!
人間だって、元気な人だって探せば色々あるんだし。

信頼できるお医者さんぽいね。
いいな。
私は引っ越してたからなかなかココという動物病院に巡り合えてないよ。
聞きにくいんだけど、ワンドックって費用どのくらいかかるのかな??今度教えて~!

コメントありがとうございます!

はなわさびさんへ♪
小麦たんの食堂憩室のとき、
私は胸を痛めておりました。
でも、ちゃんと改善されて今では元気いっぱい。
私も見習って、ラルフのケアをしたいと思います。
一緒にがんばりましょうね~

snowさんへ♪
ラルフは小さい頃から健康状態をほめられていたんです。
骨格もしっかりしているし、体系もいい状態。
それで油断していたのかもしれません。
小さいときから健康状態に気を使ってあげている方が、
かえって病気を遠ざけるかもしれませんね。
みんなの健康、それが一番です!

スムチー母さんへ♪
北斗君、いよいよ明日ですね!
スム母さんは、たくさんの経験をされていらっしゃるので、
コメントに説得力があり、とても勇気付けられます。
本当にありがたいです。
これからも、何かあったら相談に乗ってくださいませ。
よろしくお願いします♪

JIROままさんへ♪
そう、ままさんがおっしゃる通りなのですよ。
とにかく今できることは、早くしてあげる。
飼い主の責任でもありますよね。
これを機に、いろいろ勉強してみようと思います。
そしたら、ブログで紹介しますね~

☆なお☆さんへ♪
コメントありがとう~
新しいブログへ全然いけなくてごめん~
あとでちっぷたんに会いに行くよ。
これからもラル王子をよろしくね。

やってぃさんへ♪
それは当然ですよー。
こうして紹介しているのも、ブロ友ワンともが
元気でいて欲しいからこそ。
ワンドック、考えてみてね~

りょうちんさんへ♪
はじめまして~こめんとありがとうございます。
よろしければ、また遊びに来てくださいね。

なっちゃんへ♪
ありがとう。大丈夫。元気だよ。
メールするって言って、まだしてなかった。。。
費用とかもあわせて、個別面談ってことで(笑)
連絡いれまーす。ちょっと待っててね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ralph2005.blog39.fc2.com/tb.php/541-4e97f333

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。